×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クレジットカードの審査について

クレジットカードを作ると言うのは、一人のしっかりとした大人として、社会から認められた「信用」では無いでしょうか。 雇用形態や雇用年数などが審査され、その結果として審査を通過して初めてクレジットカードを持つことができるからです。

クレジットカードを作る際、また、更新する際、最も大切なのは「信用」です。「社会的信用」です。しかし、信用というのは一朝一夕には作り上げることができないのです。

雇用形態であったり、雇用年数であったり、返済実績であったり、それらをある程度の期間、ある程度のレベルを維持しなければいけません。

初めてクレジットカードを作る場合、まだこれらの実績が少ない場合が多いです。その場合でももちろん審査は通ります。初めてでも審査が通る、基本的なことを紹介していきます。

クレジットカードの審査というのは、カードごと、そして発行会社ごとに厳しさが違います。初めてカードを作ろうという方はまだ信用実績が無いので、いきなりレベルの高いカードは作れません。そしてカードが作れなかった場合、その作れなかった情報までもが信用情報機関にのってしまうため、次のカードを作る際にマイナスになってしまうのです。

まずはは利用限度額や使用範囲が少なくても、審査の易しいクレジットカードからはじめ、だんだんとステップアップして審査の厳しい、ステータスの高いクレジットカードを持つようにしましょう。

信用の大切さ

クレジットカードの世界では、とにかく「信用」が1番大事です。

その為にも、難しい、一か八かの状態でクレジットカードを申し込むのではなく、現在の状態を把握し、自分に合ったクレジットカードから申し込むようにしましょう。

クレジットカードとは、「信用」を担保に「お金を貸してくれるカード」なのです。クレジットカード会社にとっては、そのようなカードをカンタンに発行するわけはなく、「信用」が無いと発行しないのです。そして、その信用をはかる尺度として、「職種」「職業」「年収」などがあるわけです。

例えば、年齢が若くても、一流会社の正社員で、年収が高く、今までカード利用料金の延滞などの事故がない、という方なら、ほとんどカードの審査には落ちません。

しかし一方、アルバイトやパートで、安定せず、今まで何回かカードの支払いを延滞してしまったような場合は審査にとおるのが難しいのです。

なお、このサイトは非常に審査について詳しく、参考になるので紹介します。クレジットカード 審査で比較

質問サイトなどではクレジットカード審査に通るならどうすればいいですか?
クレジットカードの審査に落ちたのですが、審査の基準などを教えていただきたいです。などの質問が多いです。

それらの疑問を解決してくれるサイトですので、ぜひ参考にしてください。